千葉で『交通事故』に強い弁護士

交通事故被害相談@千葉

交通事故について民事裁判になることがあると聞いたのですが、どのような時に裁判になるのですか?

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2022年6月17日

1 多くの場合は話し合いで解決する

交通事故によってケガをした場合、通常は、治療が終了した後に相手方の保険会社と示談に関する話し合いを行うことになります。

示談交渉では、主に過失割合や損害額について協議することになりますが、多くの場合は話し合いによって解決するため、裁判にまでいたることはあまりありません。

2 被害者側から裁判を起こすケース

話し合いによって解決にいたらない場合、状況によっては、被害者から加害者に対して民事裁判を起こすことがあります。

被害者と加害者で事故状況の認識が異なり、過失割合について話し合いがつかない場合、治療期間や治療内容などについて折り合いがつかず損害額を確定することができない場合などには、裁判手続きによって解決を目指すことが多いです。

3 加害者側から裁判を起こすケース

加害者側の保険会社が治療費の負担を打ち切った後も被害者が通院を続けて治療期間が長期にわたるような場合、加害者側が、債務不存在確認請求(加害者側が負担するべき損害はこれ以上ないことの確認を求める)の裁判を起こしてくることがあります。

加害者側から裁判を起こされた場合、何らの対応を行わないでいると、加害者側の主張を認めたことになる判決が言い渡されることになりかねないため、きちんと対応する必要があります。

そのため、万一、加害者側から裁判を起こされた場合には、すぐに弁護士に相談することをお勧めします。

4 交通事故の相談は当法人へ

交通事故による損害は、可能であれば話し合いによって解決できるに越したことはありません。

当法人は、交通事故専門チームが交通事故案件を集中的に扱っており、話し合いによる解決についても裁判による解決についても、多くの経験、知識、ノウハウを蓄積しています。

また、当法人は、千葉駅近くに事務所を構えているほか、電話での相談にも対応しており、被害者の方が相談しやすい体制を整えております。

千葉にお住まいの方で、交通事故でご相談がある場合には、ぜひ当法人までご連絡ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ