千葉で弁護士をお探しの方はお気軽に!

弁護士法人心 千葉法律事務所

むちうちにおける慰謝料の相場

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2022年11月28日

1 慰謝料の種類

事故によりむち打ちのなどの傷害(おけが)を負った場合、以下に述べるとおり、治療期間または日数に応じた慰謝料が発生します。

また、後遺障害が認定された場合は、後遺障害を理由として別途、慰謝料が発生します。

上記2つの慰謝料を区別するため、以下では、おけがに対する慰謝料を入通院慰謝料、後遺障害に対する慰謝料を障害慰謝料と記載します。

2 入通院慰謝料の算定方法

自動車賠償責任保険における算定方法と、一般的な示談・裁判(訴訟)での算定方法の2つがあります。

⑴ 自動車賠償責任保険における算定方法

事故日から治療終了日(最終受診日において「中止」とした場合は、最後の受診日に、さらに7日間を加えた日が治療期間の最終日となります。)までの日数と、通院日数を2倍した日とを比較し、日数が少ない方に対し、1日当たり4300円を乗じた金額が、慰謝料の額となります。

ただし、けがに対する自動車賠償責任保険の保険金の上限額が120万円とされているため、医療費など他の費目に対する支払のため、上記方法により算定した慰謝料の一部しか支払われない場合があります。

例えば、医療費が50万円、慰謝料が100万円発生したとして、先に医療費50万円が全額支払われていた場合には、慰謝料としての自動車賠償責任保険からの支払額は、70万円(=120万円-50万円)にとどまります。

⑵ 示談・裁判における算定方法

自動車賠償責任保険における算定方法が、日数に応じて算定するのに対し、示談・裁判では、期間に応じて算定します。

例えば、半年間通院した場合の慰謝料は、89万円(裁判での基準。示談の場合は、裁判まで至らずに解決することを理由に、これより減額された金額となることが通常です。)であり、通院日数が極端に少ない場合を除けば、通院日数の多い、少ないにかかわらず、金額は一定となります。

⑶ 上記2つの算定方法の比較

一般的には、示談・裁判における算定方法による慰謝料の金額が、自動車賠償責任保険における算定方法による金額よりも上回ることが多いです。

しかし、通院日数が多かったり、被害者に過失相殺による減額が発生する場合は、自動車賠償責任保険における算定方法による金額の方が、示談等の算定方法による金額を上回ることがあります。

自動車賠償責任保険における慰謝料は、通院日数が多いほど増額することと、自動車賠償責任保険からの保険金支払は、示談等における支払と異なり、被害者に7割以上の過失割合がある場合を除き、過失相殺による減額をしないこととされているためです。

3 後遺障害が認められた場合の慰謝料

後遺障害等級に応じて、慰謝料の額が定められています。

むち打ち症の後遺障害が認められた場合、他の後遺障害がない場合には、後遺障害等級は14級となることが一般的です。

この等級に対する裁判における慰謝料額は110万円となり、示談の場合の金額はこれよりも少ない金額となります。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ