千葉で『債務整理』をお考えの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理@千葉

「任意整理」に関するQ&A

仕事がアルバイトでも任意整理はできるのですか?

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2022年6月3日

1 任意整理

任意整理は、カードローンやクレジットカードの返済が厳しくなった場合に、各貸金業者と個別に交渉して返済条件を変更する債務整理の手段です。

つまり、任意整理は民事交渉の一つですので、仕事がアルバイトであっても、任意整理を試みることは法律上何ら問題ありません。

しかし、仕事がアルバイトの場合、以下に述べる諸要素を十分検討して任意整理を選択する必要があります。

2 返済可能な収入があるかどうか

アルバイトの方は、正社員や契約社員等と比較すると、一般的に収入は少ないため、任意整理を行う際には、その収入の範囲で返済できるかどうかを慎重に検討する必要があります。

とくに、支出を甘く見積もるとすぐに返済に行き詰ることになりかねませんので、支出の平均額は厳密に見積もる必要があります。

また、アルバイトの方の中には、国民年金を納付していないケースもありますが、その場合は国民年金の納付を優先すべきです。

国民年金を支払うと返済が困難になる場合には、自己破産を選択すべきです。

3 継続返済が可能かどうか

任意整理では、通常、負債残額を3年から5年程度の分割で返済することになります。

すなわち、任意整理を行えば現在の収入でも十分返済が可能な場合でも、この収入が3年から5年程度継続して得られることが前提となります。

しかし、アルバイトの場合、地位が弱いですので、勤務先の経営悪化により失職する可能性は正社員等よりも高くなります。

新型コロナウイルスによる営業自粛のため、飲食店のアルバイトでは失職者が続出しました。

失職して返済ができなくなると、自己破産を検討せざるを得なくなり、それまでの返済や任意整理のための弁護士費用が無駄になってしまいます。

また、アルバイトを掛け持ちすることで返済資金を捻出している方もいらっしゃいますが、長時間労働により体調を崩し、アルバイトを辞めざるを得なくなる可能性もあります。

そのため、アルバイトの方が任意整理を選択する場合は、アルバイトが長期間継続して勤務している実績がある勤務先で働いているケースや、アルバイトとして同じ勤務先で既に長期間働いているケースを除き、継続して収入を得られるかどうかを慎重に検討する必要があります。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ