千葉で弁護士をお探しの方はお気軽に!

弁護士法人心 千葉法律事務所

借金返済についてお悩みの方

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2020年7月9日

借りているお金の額が大きくなりすぎて完済できそうにない,返済を続けているが元本が全然減らないなど,借金返済に関するお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合は,どうぞ弁護士法人心までご相談ください。

借金返済に行きづまってしまった方のお悩み解決を得意としている弁護士がお話をお伺いし,より良い解決方法をご提案させていただきます。

お一人おひとりの状況やご意向に沿った解決方法を検討させていただきますので,まずはご遠慮なく,弁護士にお悩みについてお話しください。

当法人は各事務所に個室の相談室を設けプライバシーに配慮しておりますので,借金に関するお悩みもお話しいただきやすいかと思います。

借金返済にお困りの方は,どうぞお気軽に当法人までお越しください。

詳細につきましては,以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

借金返済に関するお悩みを弁護士がサポートします

借金返済に行きづまってしまった方の経済的な再スタートに向けて,弁護士が尽力いたします。まずはお気軽にご相談にお越しください。

スタッフ紹介へ

スタッフも全力で対応します

借金返済のお悩みが少しでも早く解決されるよう,スタッフも陰ながらサポートさせていただきます。事務的な面でのご質問などはお気軽にお問合せください。

千葉にお住まいの方へ

当法人は千葉駅の近くに事務所を設けております。お近くにお住まいの方は,どうぞお気軽にお越しください。詳しい所在地はこちらからご確認いただけます。

借金返済のことを早く相談したほうがよい理由

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2022年10月14日

1 相談が遅れるケース

かつては、日本の弁護士数も少なく、弁護士は敷居が高いと言われて相談を申し込むのもためらわれていた時代もありましたが、司法制度改革により司法試験の合格者が増え、弁護士へのアクセスは格段に良くなりました。

また、借金の問題については、地方自治体等の公的機関も弁護士による法律相談を行っている場合がありますので、相談しやすい環境が整備されています。

そのため、相談が遅れるケースは、借金をしているご本人の事情、例えば仕事が忙しいとか、借金は返さなければならないという強い責任感を抱いている等の事情によることが多いような印象です。

ここでは、借金返済についての相談が遅れることで生じる不利益を、具体的なケースを基にいくつか紹介します。

2 給料の差し押さえ

Aさんは、妻や子供をかかえているところ、妻が病気でパートの仕事ができなくなりました。

そこで、生活費の不足を補うためにクレジットカードやカードローンを利用していましたが、多重債務になり、月々の返済額が膨らんで返済できなくなりました。

しかし、Aさんは運送業のため仕事が忙しく、妻の面倒も見なければならないため、弁護士等の専門家に相談することなく放置していました。

すると、一部の業者について裁判所から何回か書類が届きましたが、忙しくてこれも放置していたところ、会社の人事部から呼び出され、給料が差し押さえられたことを知らされました。

給料が差し押さえられた後に弁護士に自己破産または個人再生を依頼しても、その申立てを行うまでは、差押えを取り下げてくれることはまずありません。

しかし、差押えにより手取りは減りますので、費用の準備が厳しくなります。

返済が困難になった時点で弁護士に相談し、債務整理の手続きを委任すれば、当面はこのような状況になるのを回避することが可能です(ただし、弁護士に委任した場合でも訴訟、強制執行を行う業者はありますので、そのような業者から借り入れがある場合は注意を要します)。

3 住宅ローンの保証履行

住宅ローンのほかにカードローン等の借金があり、返済が困難になった場合、法律が定める要件を充たせば、住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用した個人再生を行うことにより、自宅を維持することが可能になります。

ただし、住宅ローンの返済が遅れ、期限の利益を喪失すると、金融機関は保証会社から代位弁済を受けることになりますが、個人再生で住宅資金特別条項を利用するためには、金融機関が保証会社から全部の弁済を受けた日から6か月が経過する日までに個人再生の申立てを行わなければなりません(民事再生法198条2項)。

こうなってしまうと、費用準備や時間的制約の点から、個人再生について引き受けが可能な弁護士も限られることになります。

そのため、住宅ローン特則を利用した個人再生を検討している場合は、住宅ローンの返済を延滞する前に相談することが重要になります。

借金返済ができない場合に専門家に依頼するとどうなるか

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2022年4月6日

1 取り立てが止まります

銀行カードローンや消費者金融、クレジットカード会社の負債について、返済期日に返済しないと、電話やSMSで督促の連絡が来ることになります。

平日の日中でも構わず連絡がありますので、仕事が手に付かなくなる方もいらっしゃるでしょう。

この場合、単に返済を忘れていた(または返済額分の預金を入れておくのを忘れていた)、という場合は、一度電話に出て、返済を忘れていたことおよび返済予定日を伝えれば、督促の電話は止まるでしょう。

しかし、返済の目途が立たない場合は、督促の連絡は続くことになります。

弁護士に債務整理を依頼すると、依頼を受けた弁護士は、消費者金融等に対し、債務整理を受任した旨を記載した通知(これを受任通知と言います)を送付します。

弁護士から債務整理の受任通知を受けると、消費者金融やクレジットカード会社は、法律上、債務者の方に直接連絡することが禁止されます。

また、銀行や信用金庫については、法律上は、直接の連絡は禁止されていませんが、弁護士が代理人として介入した場合は、以後、債務者の方に対して直接の連絡をすることはありません。

このように業者からの督促の連絡が止まれば、仕事などに専念することができます。

また、早く弁護士に債務整理の依頼をすれば、すぐに訴訟を起こされるということもほとんどありません。

2 生活再建に向けてスタートできます

弁護士に依頼すると、自己破産の場合はもちろんですが、返済することを前提とする手続きである個人再生や任意整理の場合も、いったん約定返済をストップします。

それまで、生活費を切り詰め、借りられるところから借りて返済に充てていた方でも、返済をストップすることにより余裕が生じることになります。

そうすると、例えば滞納していた税金や遅れ気味になっていた水道光熱費を支払えるようになりますので、生活の再建に向けた一歩を踏み出すことができます。

なお、弁護士に依頼しないまま返済を止めてしまうことも可能ですが、そうするとすぐに訴訟や支払督促を提起される可能性が高く、さらに給料を差し押さえられると、生活再建への道はさらに遠くなってしまいます。

借金返済ができない場合は、必ず弁護士に相談することをお勧めします。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ