千葉で弁護士をお探しの方はお気軽に!

弁護士法人心 千葉法律事務所

借金問題でお悩みの方

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2020年7月9日

毎月の返済が苦しい,借金の取り立てに困っているなどのお悩みを抱えていらっしゃる方は,どうぞ弁護士法人心までご相談ください。

当法人の中でも借金問題の解決を得意としている弁護士が,皆様のお悩みをじっくりとお伺いした上で,より適切と思われる解決方法を考え,ご提案させていただきます。

借金問題を解決するには,貸金業者と交渉を行う方法や,裁判所に申し立てを行う方法などがあります。

どの解決方法が最も適切であるかは,お一人おひとりの経済状況や借金の総額などによって異なりますので,まずは一度弁護士にご相談ください。

皆様からのご連絡を,弁護士・スタッフ一同お待ちしております。

詳細につきましては,以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

借金問題のお悩みは弁護士法人心へ

借金問題を適切に解決する方法を弁護士が考え,提案いたします。まずはお悩みの内容をしっかりと伺いたいと思いますので,どうぞご相談にお越しください。

スタッフ紹介へ

ご予約の受付について

弁護士との相談予約はフリーダイヤルにて受け付けております。スタッフが丁寧にご案内いたしますので,どうぞお気軽にお電話ください。

当法人の事務所について

多くの方にご来所いただけるよう,当法人はすべての事務所を駅の近くに設けております。千葉駅から1分の場所にも事務所がありますので,千葉の方もお越しください。

借金問題の法律相談はどのようなものか

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2022年3月16日

1 借金問題の法律相談

借金問題の法律相談とは、カードローンやクレジットカードの使い過ぎで負債が膨れ上がり返済が厳しくなった方や、収入減によりカードローンやクレジットカードの返済が厳しくなった方のために、弁護士等の法律専門家が行っている法律相談です。

個人の方の債務整理の手段としては、主なものとして任意整理、個人再生および自己破産がありますので、法律相談のなかで、どの手続きを行うのがふさわしいかを判断することになります。

借金問題の法律相談で多いのは、カードローンやクレジットカードの使い過ぎで負債が膨らみ返済が厳しくなったケースや、収入減でカードローン等の返済が厳しくなったケースです。

このようなケースでは、法律相談の際に弁護士が負債金額や収入、支出の状況等、手続選択に必要な事情を相談者の方から伺い、どの手続きがふさわしいかを判断することになります。

しかし、借金問題ではあっても、法律専門家が行う法律相談には必ずしもふさわしくないケースもありますので、以下ご説明します。

2 住宅ローンについての相談

例えば、住宅ローンのほかにカードローンやクレジットカードの負債があり、返済が厳しくなった場合は、任意整理や個人再生を検討し、それらの手続きを行っても返済が困難だという場合は自己破産を選択することになります。

また、負債は住宅ローンのみであるものの、リストラ等で返済ができなくなった場合は、自己破産を行うことになります(自宅は任意売却または競売を行います)。

これらの借金問題は、法律専門家が行う法律相談にふさわしいケースになります。

他方、負債は住宅ローンのみであるが、収入が少し減少したため毎月の返済が少々厳しくなったというようなケースでは、まず住宅ローンのリスケジュールを検討することになります。

となると、弁護士等法律専門家は住宅ローンそのものについての専門家ではないため、法律相談で住宅ローンのリスケジュール案をアドバイスすることは困難ということになります。

このような場合は、住宅ローンを組んだ金融機関において、リスケジュールにより毎月の返済額を減らすことができないかどうか、相談いただくことになります。

3 クレジットカードの相談

カードローンやクレジットカードの負債が多数あり金額も大きく、返済が厳しくなった場合は、任意整理等の債務整理を検討することになりますので、借金問題の法律相談になります。

しかし、例えばクレジットカードで商品を購入した際、リボ払いにしたつもりが1回払いになっていたため返済ができない、というような場合は、まずリボ払いないし分割払いへ変更できないかどうかを検討することになりますので、相談先は当該クレジットカード会社になります。

また、何らかの事情で当月の返済ができないが、次月以降は問題なく返済できる場合も、まずは返済のリスケジュールを検討することになりますので、相談先は業者になります。

これらの場合に、すぐに弁護士に依頼して任意整理を行うことも可能ですが、信用情報に債務整理の情報が登録されてしまうことになります。

以上をまとめると、法律専門家が行っている借金問題の法律相談は、債務整理を行うことを前提とした相談となりますので、債務整理をしなくても解決できる可能性がある場合は、まずその手段を検討することになります。

もちろん、本稿の執筆者は、債務整理以外の方法で解決できる場合は、法律相談でもその解決方法をアドバイスしますが、すぐに債務整理を行うことを勧める専門家もいるようですので、注意が必要です。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ