千葉で弁護士をお探しの方はお気軽に!

弁護士法人心 千葉法律事務所

特定調停とは

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2021年4月21日

1 債務整理の手段

多くの法律事務所のウェブサイトでは、個人の方の債務整理のメニューとして自己破産、個人再生、任意整理が挙げられ、費用も明記されています。

しかし、特定調停を取り上げている法律事務所のウェブサイトは必ずしも多くはなく、取り上げているとしても、費用は明記していないウェブサイトもあるようです。

離婚調停や遺産分割調停という手続の存在は一般の方にもよく知られていると思いますが、特定調停についてはほとんど知られていないのは、ウェブ上でもあまり取り上げられていないことが一つの要因であると思われます。

2 特定調停とは

離婚調停では、配偶者の一方が申立人、もう一方が相手方として当事者となり、二名の調停委員が間に入って妥協点を探ることになります。

特定調停でも同様に、債務者が申立人、債権者(消費者金融会社、クレジットカード会社等)が相手方として当事者となり、二名の調停委員が間に入って返済条件変更の妥協点を探ることになります。

参考リンク:裁判所・特定調停手続

なお、離婚調停は家庭裁判所で行われますが、特定調停は簡易裁判所で行われます。

3 債務整理のメニューとして特定調停が挙げられていない理由

離婚手続では、親権、財産分与、慰謝料などを決めなければならない場合があり、その場合、法律の知識が必要になります。

そのため、弁護士が離婚調停に代理人として関与しているケースも多くあります。

しかし、消費者金融等からの借り入れについての特定調停は、月々の返済額の減額など、返済条件の変更について協議が行われるだけですので、通常、法律知識がなくても問題ありません。

また、弁護士が特定調停に代理人として出頭する場合は、日当などの費用が必要となり、同じように返済条件の変更を目指す手続である任意整理よりも、弁護士費用は割高になります。

同じような結果を目指す手続であれば、割高な費用を準備して弁護士に特定調停を依頼するよりは、任意整理を依頼した方がよいということになります。

そのため、一般の方の債務整理を目的とする場合の特定調停は、法律事務所の取り扱い業務として挙げられてない場合が多いのです。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ