千葉で弁護士をお探しの方はお気軽に!

弁護士法人心 千葉法律事務所

交通事故で怪我をしてしまいました。初診はいつまでにいかなければならないのでしょうか?

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2021年4月7日

1 初診はなるべく早く

交通事故で怪我をしてしまった場合、直後に救急搬送されることも多いですが、そうでない場合はご自身で病院へ行かなければなりません。

事故直後後は体のあちこちが痛くて出歩くのもつらい上に、昨今の新型感染症への不安から外出を控えたいとして、事故後病院へ行かずに家で痛み止めを飲んで寝ていたいと考える人も少なくないようです。

しかし、事故から初診まで期間が空いてしまうと、以下に挙げるように様々なデメリットが生じるおそれがありますので、事故後はなるべく早く病院を受診することをおすすめします。

2 早期受診が重要な理由

早く病院へ行くことが重要な理由は2点あります。

まず1点目は、診断が遅れると重篤な症状を見逃すおそれがあるということです。

例えば、単なる打撲だと思って痛みを我慢していたら、実は骨折していたという例は珍しくありません。

骨折後に固定などの適切な処置を怠っていると、骨がうまくくっつかずに変形したり、治りが遅くなったりといったことが生じる可能性もあります。

2点目として、事故から初診まで時間が空くと、事故と症状との因果関係が否定されたり、症状の程度を軽度であると誤解されたりするおそれがあります。

つまり、事故から初診まで間が空いている場合、客観的に見ればその期間に別の要因で怪我をする可能性があるため、今ある症状が事故により起こったものなのか、それともその間に別の要因で起こったものなのか第三者からは分からなくなってしまう可能性があり、その結果として事故と怪我との間に因果関係がないと判断される可能性があるのです。

特に、自賠責保険では事故から初診まで一か月以上空いてしまうと、事故と怪我との因果関係が否定されることもあるので注意が必要です。

また、因果関係は認められたとしても、すぐに病院に行かなくてもよい程度の怪我であると医師や相手方保険会社から誤解され、適切でないタイミングで治療費の支払いを打ち切られてしまうおそれもあります。

そのため、事故に遭って怪我をしたら、当日か遅くとも翌営業日までには病院へ行って診察を受けましょう。

相手方が任意保険に加入している場合は、病院へ行く前に相手方の任意保険会社担当者へ連絡を入れておくとその後の手続きがスムーズになります。

3 病院の選び方

初診でかかる病院の選び方ですが、正直なところ、どこの病院へ行くかよりも、どの時点で病院へ行くことのほうが重要ですので、総合病院か個人病院か等にこだわらず、例えば首や腰に痛みがあるといった症状なら整形外科など、ご自身の症状に該当する診療科がある最寄りの病院に行くことをおすすめします。

最近はSNSなどで病院の口コミを調べることができるため、一体どこへ行けばよいのか迷うこともあるかと思いますが、迷って初診を先送りにするくらいなら、とりあえず最寄りの病院へすぐに行ったほうがよいと思います。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ